!誕生

車には興味がある方ではないのですが、マツダ社のセンティア“SENTIA”は特別。昔の車ですが、今でもなぜか呼ばれるように、ふと、よく見かけるのです。そのときは斜め後ろのラインがきれいだなと、鑑賞させてもらっています。

この前はゆるやかな坂を走ってゆくセンティアを見送りました。登り坂の角度のせいでしょうか、今まで気づきませんでしたが、後ろのガラス(リアウィンドウと言うらしい)の面積や形がとてもきれいでした。
「ウィキべディア」には、「ソーラーサンルーフ」が装備され、太陽電池が使われていたとも書いてありました。

そんな車を作ったマツダのDNAを表すことばが「Zoom-Zoom」だそうです。
そして、新しい広島市民球場命名権マツダが取得することになり、

      「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

という名前になるそうです。

広告を非表示にする