長崎と広島

原子爆弾が投下された時の、長崎と広島の共通点のひとつがキリスト教。長崎のキリスト教はよく知られていますが、広島の爆心地近くの官舎で亡くなった市長、粟屋仙吉は内村鑑三の影響を受けたクリスチャンであった。

 

 

 

広告を非表示にする